源氏 物語 写本。 藤原定家自筆本源氏物語

源氏物語の写本

✍ 主要な校本における写本記号 『源氏物語大成』における写本記号 校異編において使用されている写本記号は以下の通りである。

18

源氏物語最古の写本「定家本」の『若紫』が発見。古典クラスタであるたらればさんやシン・ハルコさんが荒ぶる展開へ

🌏 等の僚巻• 行数・字詰めは一定ではないこと。

14

6 『源氏物語』の伝本にはどんなものがあるか

⚑ 一方で源氏と藤壺の密通、藤壺の懐妊なども描かれ、後の物語の重要な伏線となっていく。 そもそも藤原定家は当時の本文の状況を「乱れていてどれが正しいのかわからない。

14

源氏物語の写本

🤚 139。

源氏物語の写本の一覧

🚀 このような背景があったため、原典は古紙のような扱いになり、書物ではなく紙として再利用されるようになります。

青表紙本

☢ 家 伝 [ 要曖昧さ回避]筆本 静嘉堂文庫蔵• 飯 書芸文化院蔵 ()• 二 伝二条為氏筆本(静嘉堂文庫蔵、手習)• 「」(蔵) 一面九行。 阿部秋生により、「外形的な特徴に重きを置いて古伝承にある「青表紙本」や「河内本」が存在しているという前提でそれに該当する伝本を探し求めるという池田の方法は異例であり、奇異な方法である」 「伝本の分類は本文そのものの比較を中心に据えるのが本来の姿であろう」 「さらにもし青表紙本が古伝本系の別本の一つであるはずの藤原定家の目の前にあったある写本の中の一つを忠実に写し取ったものであるならば、青表紙本とは実は古伝本系別本の一つであるということになる。

17

竹取物語、源氏物語の原本はどこに保管されているのですか??

👌 蓬 蓬左文庫本(名古屋市蓬左文庫蔵)• 阿部秋生「昨今の源氏物語研究」『源氏物語の本文』岩波書店、1986年6月、p. 伊藤鉄也「源氏物語本文に関する問題点 -大島本・陽明本・平瀬本の場合-」代表者(豊島秀範)國學院大學『文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 源氏物語の研究支援体制の組織化と本文関係資料の再検討及び新提言のための共同研究』第1号、2008年(平成20年)3月、pp. 」とする見方を誤りであるとする見方も少なからず存在する。 に国文学研究室において開催された展観会における目録 では青表紙系統62種、河内本系統34種、別本系統24種の計122写本が取り上げられており、1960年の「諸本解題」池田亀鑑編『源氏物語事典 下巻』(東京堂出版)では計125写本が取り上げられているが、これらの文献に挙げられているのはあくまで全体から見るとほんの一部の写本であり、これらに含まれない写本も多数存在する。

3

竹取物語、源氏物語の原本はどこに保管されているのですか??

💋 鎌倉時代後期の成立と見られる昭和中期になって発見された資料には、青表紙本のそれもおそらくは原本のことであると思われる「京極自筆の本」について、「こと葉もよのつねよりも枝葉をぬきたる本」と「他の本よりも言葉を取り去っている」との批判を加えている。

10