奉行 クラウド。 bixid(ビサイド)と勘定奉行クラウドの連携に伴い、企業向け財務・経営管理サービスの分野で株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と業務提携|株式会社YKプランニングのプレスリリース

よくあるお問い合わせ(FAQ)

🤝 検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください 類似ソフトと合わせ検討したが、コスト的に有意。 データコンバート時の制限・制約事項 従来の奉行シリーズとは異なり、以下のクラウド版仕様上の制約事項がありますのでご留意ください。 しっかりと通信は暗号化され、Microsoft Azureを採用しています。

勘定奉行クラウドのレビュー - 奉行クラウドシリーズのコア

😗 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 毎月処理しなければならい最低限の更新(社会保険情報など)をワンクリックでできるため、給与上のミスが減少しました。 ただ、この先、経費精算の電子化も視野に入れているが、追加仕様で簡単にできないものか。 改善してほしいポイントは何でしょうか? ・明細書照会の画面をクリックすると最新の給与明細が表示されますが、過去分を確認したいこともありますので、閲覧月を最初に確認したいです。

bixid(ビサイド)と勘定奉行クラウドの連携に伴い、企業向け財務・経営管理サービスの分野で株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)と業務提携|株式会社YKプランニングのプレスリリース

📞 改善してほしいポイントは何でしょうか? IEからのリモートデスクトップなので、プラグインのアップデートやWindows Updateの適用に注意が必要である。

奉行クラウドと従来の奉行iシリーズとの違い

🤲 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? クラウドなので自社でサーバー管理、その他セキュリティ管理などが不要というところ。 また、引落結果データを取込み入金消込から入金伝票の作成まで自動作成できます。 OBCiDは、奉行クラウドの契約ライセンス数と同数しか取得できませんので、これまでの奉行シリーズのように、CAL数を超える担当者を登録し、時間帯によって利用する人を分ける、といった運用は難しくなります。

3

よくあるお問い合わせ(FAQ)

😀 現在は多くの企業が業務の時間短縮の課題解決を図る手段として、クラウドサービスの導入を進めています。

1

奉行クラウドと従来の奉行iシリーズとの違い

🤚 不在時は、また持ち帰る等、手間がかかっていたが、電子化により軽減。 また、両は同サービス連携を通じて、企業にとって最も身近な第三者である会計事務所に向けてもすでに業務提携し取り組んでいます。