森 会長 女性。 森会長「男性、女性、両性」発言は海外では「本当に差別」…五輪メダリスト溝口氏/スポーツ/デイリースポーツ online

菅首相は、森会長の女性差別発言に何とコメントした?「辞任すべき」更迭求める声には...(ハフポスト日本版)

🍀 スポーツ界のガラスの天井を突き破ろうと、女子選手の地位向上のために先頭に立ち続けている。 だから批判をされても、森会長は平気な顔をしていられるのだ。

9

菅首相は、森会長の女性差別発言に何とコメントした?「辞任すべき」更迭求める声には...(ハフポスト日本版)

🤚 この財団については、ロイター通信が「東京招致委員会から約1億4500万円が支払われているのが銀行口座記録にある」と報じている。 また森会長は「僕はそういうこと(女性がいると会議が長くなる)を言う人はどういう根拠でおっしゃったか分かりませんけど、自分たちが女性の理事をたくさん選んだけど、結果としていろんなことがあったという話を聞いたことを思い出して言っている。 国際オリンピック委員会(IOC)の改革案、アジェンダ2020の第11提言には男女平等の推進が明記されている。

8

森喜朗会長〝女性蔑視発言〟を撤回、謝罪も…JOC山下会長に思わぬ飛び火

⚠ JOC評議員会の場にて、なぜあんな発言をしたのか。

森喜朗会長の「女性蔑視発言」なぜ出たか…透ける暗闘の思惑(FRIDAY)

🚒 「」と「」の2本です。 どうにも言い訳のならない発言で、世界に報道されているんです。 森会長の進退までに発展するのでは、とみられたが、当初から辞任する気など森氏の頭の片隅にもない。

森会長「女性は…」五輪に厳しい世論の中さらに逆風

🤑 「あの2人はロシアのプーチン大統領と関係が深いことで知られています。 議場からどよめきが上がると、 「詳細については承知していないということです」と弁明し、 「スポーツ分野においても女性の社会参画は極めて大事だという風に思っております」と述べた。

森会長の「女性蔑視発言への過熱報道」に違和感を覚える理由

🤟 森氏は4日の釈明会見で「(女性比率の)数字にこだわって無理をしない方がいい」と言ったが、世界女性スポーツ会議を主催する国際団体のアジア代表も務める小笠原さんからすれば、40%という数字すら「時代遅れ」であり、「世界ではもっと細かいところに焦点がある」と言う。 森会長の真意を見抜かなければならない。 特にこの日本国内における「森喜朗バッシング」です。

19

森喜朗元会長の女性差別発言を「炎上」で終わらせないために必要なこと

👌 (時事通信運動部・和田隆文). ということを考えている方がスポーツ関係者の中にはかなりおられる」と牽制球を投げたあと「山下さんのリーダーシップ、あらためて、大いに評価をし、これからもオリンピックにむけてしっかり頑張っていただきたい」と語り、「女性がたくさん入っている理事会は…」という女性蔑視発言につながっていく。 菅氏は、 「森さんの発言の詳細については承知していません」と再度繰り返し、 「ですから、スポーツ分野においても女性の社会参画は大事である、このことは揺るぎがないことだと思います」と述べ、対応に消極的な姿勢を示した。

8

前スポーツ庁長官の鈴木大地氏 女性蔑視発言の森喜朗前会長について語る「あの発言の後…」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

😈 東京が五輪を招致したがゆえ、世界は高く設定した国際的な基準を通して日本を見ているからだと小笠原さんは言う。

12