コロナ ウィルス 世界 滅亡。 コロナウイルスで人類が滅亡する可能性もありますか?

新型コロナはいつから世界に広がっていたのか(忽那賢志)

🌭 それは6万年前から、全世界へ人類の分散が始まってます。 5月に入って武漢市や吉林省で集団感染が起きている 中国の国会に当たる「全国人民代表大会(全人代)」が5月22日、北京の人民大会堂で開幕した。 しかし13万年前・9万年前に東アフリカで、干ばつが発生したのです。

16

新型コロナはいつから世界に広がっていたのか(忽那賢志)

☺ ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そしてその原因がいろいろ挙げられているわけですが、中でも、 人為的なパンデミック…2% 自然発生的なパンデミック…0. ウイルスの強化実験は珍しいことではない 「人為的なパンデミック」と聞くとまた、「生物兵器なんてオカルト好きの…」なんて思う人もいるかも知れませんが、 ウイルスを強化する実験なんて、わりと普通に行われています。 その一方で、各国はそのような事態を「認識し、効果的に介入」して病原体の拡散を食い止め、人類滅亡を防ぐことが出来る、とも主張している。

コロナウイルスのせいなのか?2020年に人類が滅亡するという予言があった。

😉 コロナウイルスで人類滅亡する理由 これは人々の努力で、人口が減少しないかもしれないし、未知な事ですね。

himaswitch.com : 世界10億人超に迫る飢餓、新型コロナで食糧危機に拍車 国連が警告

⚔ ユングは「悟り」への到達過程を「個性化の過程」ということばで表現している。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 ではいつ頃から新型コロナウイルスはヒトの間で広がっていたのでしょうか。

8

【新型コロナ】今年2月から「人類滅亡のための準備」をイルミナティが開始していた! 「ノアの箱船」計画始動、エリートのみ救済!

🤗 2020年10月の段階でその証拠は発表されていませんが、専門の研究者が科学的根拠に基づいて発言しているわけですから、新型コロナが中国発の人工ウィルスだとするには、よほどの確信があるのだろうと考えられます。 「中国人」ではなく「アジア人」ね。 また外れるんじゃない?」 と思った人もいるかも知れません。

6

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

🤗 イタリアではその後、大規模な流行が起こっていますが、その発端がこの2019年12月の感染例かどうかまでは分かりませんが、私たちが新型コロナウイルス感染症を認識する前からすでに世界に広がっていたというのは驚くべき事実です。 たかだか1ヶ月です。

歴史が示唆する新型コロナの意外な「終わり方」

👆 デッドヒートのレースの様に今僕たちに試されているのはやはり団結力、コミュニケーション能力しかないだろう。 「もう3月20日過ぎてるし、大丈夫なんじゃないの」 世界滅亡に突き進む極めて重要な何かが2020年3月20日に起こった可能性がある 確かに、3月20日にいきなり世界が消えたりはしませんでした。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。

18

コロナウイルスで人類が滅亡する可能性もありますか?

😂 なので故意にしろ過失にしろそこからウイルスが漏れてしまって、人為的パンデミックが起こる、ということはありえない話じゃないんです。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 全体会議では中国各地から集まった約3000人の代表全員がPCR検査を済ませてからマスクを着用して出席。

新型コロナウイルスと人類の滅亡

😙 新型コロナウイルスがこれに当てはまったとしても、特に驚くべきことではないでしょう。 中国が新型コロナをばらまいたとする決定的な証拠は何一つありませんが、そう推測するのには十分な状況証拠がそろっており、現在進行形で中国は世界覇権国家になるための政策を実行しているのです。

5