竜 騎士 の お気に入り 小説 な ろう。 一迅社文庫アイリス

一迅社文庫アイリス

☢ しがない宿屋の娘であるフロルが、何度、子竜を森に返しても、子竜はすぐに戻ってきてしまって! そんなフロルは、何故か7才の時から、ぴたりと成長を止めたまま。 だだ、平穏に生きるため頑張ります! 壊れた運命のジェットコースターに、無理やり乗せられて『世界を救って下さい!』って、言われても無理です! いつの間にか、竜騎士団の団長殿、次期竜王様、第一王子様、オタクな魔導師殿、謎の美少年にまで囲まれてます。

7

一迅社文庫アイリス

♻ はじめは貴族の道楽と思われながらも、商人の心を掴み、貧乏国も繁栄させちゃって、ランカの快進撃はとまらない! 人として生を受け、産声を上げる。

19

野良竜を拾ったら、女神として覚醒しそうになりました(涙

✊ しかし、そのポツダム宣言の内容は『75年間の停戦』であった。

15

できそこないの竜の騎士

🔥 思いついたはいいけれど幼少期からの長編を書く気力がないので、ぎゅぎゅっと詰め込んだ感満載。 額に竜の紋章が輝く時に発揮され、竜の騎士の攻防力を飛躍的に向上させる。 BLですが、まだイチャイチャすらしていません。

2

野良竜を拾ったら、女神として覚醒しそうになりました(涙

👇 この事から竜闘気は魔法と相反する性質を持ち合わせていると考えられる(実際にダイも竜闘気を完全に身に付ける前の時は肉体に回復魔法を受け付けていた)。 魔王の《王族狩り》から奇跡的に生き残ったオリアンナ姫は、身分を隠し辺境の城塞都市で領主家の男子オーリンとして育った。

3

できそこないの竜の騎士

☕ 毎日、家の掃除や、料理を作ったり、刺繍を縫ったり。

9