高輪 築堤。 『高輪築堤』

高輪ゲートウェイ駅周辺で「高輪築堤」出土 JR東日本が出土品公開・保存へ

❤️ 2020. 明治末期から昭和初期にかけての埋め立て工事で撤去されたと考えられていた。 半ば強制的だった。 すでに文化財保護法に則って届出を実施し、港区教育委員会も調査に参加している。

16

高輪橋架道橋下区道

🤲JR東日本は、1872年に日本で初めて鉄道が開業する際に造られた「高輪築堤(ちくてい)」の遺構が、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅の近くで見つかったと発表した。 お雇いイギリス人技師の主導で行われた。

5

「高輪築堤」はどこまで保存できるか。日本最古の鉄道遺産を後世に伝えよう!

🤫 日本初の鉄道路線として、明治5年9月12日 新暦では1872年10月14日 に新橋~横浜間で開通した区間の遺構だ。 線路の海側はすべて埋め立て地。 大森駅付近では、エドワード・S・モースが大森貝塚を発見した。

12

高輪ゲートウェイ駅周辺で「高輪築堤」出土、今後どうなる?(マイナビニュース)

😛 杉山淳一. 工事も台場の職人たちが参加している。 広告 日本初の鉄道 日本初の鉄道は、1872年(明治5年)に開業した新橋~横浜間の約29km。

16

鉄道ニュース週報(253) 高輪ゲートウェイ駅周辺で「高輪築堤」出土、今後どうなる?

✋ この連載の前後回• 半ば強制的だった。

17

日本初の鉄道遺構「高輪築堤」が出土 大隈重信が整備命令|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

🙏 「高輪築堤」の位置 国土地理院 航空写真 CKT20191を加工 開業当時は海の浅瀬に作られ、「海上を陸蒸気が走る」として名物だったようだが、後に沿岸地域の埋め立て、拡張工事の影響で埋められてしまった。

15

「高輪築堤」はどこまで保存できるか。日本最古の鉄道遺産を後世に伝えよう!

🤘 最初に着手した新橋~横浜間は海岸沿いの市街地付近。 JR東の広報担当者は「調べることがたくさん残っており、調査期間はまだ見通せない」と話す。 東京名勝之内 高輪蒸気車鉄道全図 驚くべきことに 、150年前の姿のまま地下で眠り続けていた「 高輪築堤」。

「高輪築堤」はどこまで保存できるか。日本最古の鉄道遺産を後世に伝えよう!

⚔ 往時をしのぶとか、歴史ロマンの要素だけでなく、土木技術史としても有効な資料であれば、一部分でも保存して見せる工夫はできるはず。

12

日本初の鉄道遺構「高輪築堤」が出土 大隈重信が整備命令|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

☣ どのように対処するか、記事に対する世間の関心度を見て決めるつもりかもしれない。

4